TOP >> 院長日誌

院長日誌

2003.01.20 学会・セミナー MDU卒後研修セミナー

MDU卒後研修セミナーで、東京都千代田区開業の武田孝之先生がインプラントについて講演されました。
武田先生は1990年に東京・千代田区で開業され、現在は日本補綴歯科学会指導医、日本口腔インプラント学会認定医で、国内だけでなく海外でも知られているインプラントの第一人者です。


武田孝之先生

講演では、20年以上に及ぶインプラントの経過を多数見せていただき、矯正専門医の私はインプラントに対する認識を新たにさせられました。ただ、誰でもが武田先生のレベルで治療できるわけではないので、患者さんに無条件でインプラントを薦めるというわけにはいきませんが、、。
講演を聴いていて「さすがだな」と思ったのは、普通の開業医の話は ただ写真を見せて、「治りました」の羅列、「~~だと思います」など、私見を述べるのみで、学術的バックグラウンドがない先生が多いですが、武田先生は必ず学術雑誌の referenceを提示しておられました。
さらに、講演中、受講者の先生に対して「文献を読むならば商業ベースの雑誌ではなくて、学会誌を読んで下さい。」と仰ったことです。
これには全く同感です。
開業医の中には、歯界展望だとか、クインテッセンスなどの商業ベースの雑誌ばかり読んで、患者さんに試してみる先生がいます。
これらの査読制度も何も無い本に書かれていることを鵜呑みにして、治療にあたるというのは絶対にやってはならないことだと思います。
週刊誌と同じで、売れそうな記事であれば載せるのが商業ベースの本だからです。
そうゆう本を読むこと自体が罪だ、とは言いませんが、そうゆう雑誌を読むならば、少なくとも査読制度のしっかりしている学会誌などから得た知識を十分に持った上で 読むべきだと思います。でないと、書かれているのが間違った情報かどうかが分からないです。

さらにもう一つ共感したのは、インプラントに関しては成功か失敗かという議論が常についてまわりますが、武田先生は御自身で治療に対する成功・不成功の判定基準をしっかりと持ち、厳格に判定されて診療に取り組んでいらっしゃるということでした。

Distraction Osteogenesisをはじめとする質問を3つさせていただきましたが、一つ一つとても丁寧にお答えいただきまして、感激しました。
武田先生、お忙しいところ遠路はるばるお越し頂き、素晴らしい講演をありがとうございました。

プロフィール

院長

長野県松本市在住

  • 1960年生まれ

最近の記事

ブログテーマ

アーカイブ

←前
次→