TOP >> 院長日誌

院長日誌

2006.07.06 学会・セミナー 第7回 ESLO開催さる

舌側矯正では世界最大の学会、European Society of Lingual Orthodonticsの Biannual meetingが 6月15-18日、ベニスの ラグナパレスで開催されました。
本学会では講演1題、展示1題、Happy hourのモデレーター、座長等をつとめさせて頂きました。

hiro1.png

IMGP3290.JPG
会場のラグナパレス



WSLOの頁に書きましたが、自分は今まで ESLOという学会が好きで参加してきましたし、参加して良かったと思うのが、この学会でした。
ところが、今回は今までの ESLOとは違いました。
Happy hourでは、各テーブル受講者10名のはずが、7名、8名がテーブルに来ないために、2、3名だけで discussionをした先生もいます。
こうゆう前代未聞の経験をしたのは、WSLOに協力した先生でした。

On timeに進行するように努めなければならないはずの座長が、呆れるような低レベルな質問を何度も繰り返して講演の進行を意図的に遅らせ、結果的に午前最後の Speakerが お昼休みの最中に口演することになり、講演を開始するとともに聴衆が会場からみんな去ってしまったり、午後一番の講演の際には、大ホールには数名しか人がいなかったり、、。
今まで20年以上国内外のいろんな学会に参加してきましたが、こんな学会は今まで見たことがありません。



次期大会は 2008年に Cannesで、Dr. Alain Decker先生の大会長のもと開催されます。
以前の活気に溢れた、楽しいESLOに戻ってくれると信じております。


IMGP3378.JPG
会場内は一時、満員でしたが、、、。


IMGP3382.JPG
展示では Power point movieで最新の Hiro systemを紹介しました。



CIMG5218.JPG
Gala Dinner にて 黒いネクタイが次期大会長の Alain Decker先生、髭が Germain Becker先生


CIMG5213.JPG
Gala Dinnerだけは、いつもどおり楽しい ひとときでした。

プロフィール

院長

長野県松本市在住

  • 1960年生まれ

最近の記事

ブログテーマ

アーカイブ

←前
次→