TOP >> スタッフブログ

スタッフブログ

2010.08.03 スタッフ日誌 第18回日本成人矯正歯科学会に参加しました

こんにちは、歯科衛生士の田丸です☆

6月27日(日)東京ステーションカンファレンス サピアタワーにて、第18回日本成人矯正歯科学会が開催されました。



先生とは別行動で、衛生士4人で東京駅へと向かいました。

会場は、東京駅のすぐ目の前のとても立派な建物でした。
私は、歯科衛生士になってまだ3カ月なので、内容が理解できるのかと不安が大きくとても緊張していました。
会場は、ドクターや衛生士らしき方が大勢いてかっこいいオーラを放っていました。
興味をそそられる様な歯科関連グッズもあり、コレクションしたくなりました。

はじめに、何気なく手に取ったパンフレットを開いてみると、そこにはヒロシステムが載っていて驚きました。
あらためて、先生の考案したヒロシステムの広がりと、先生の偉大さに感激しました。




コ・デンタル学術講演の、桑田みかさんの「患者さんとのコミュニケーションについて(コーチング&ヒアリング)」では、表情などの言葉ではないコミュニケーション能力(ノンバーバル)についての話や、患者さんに警戒心を与えないような接し方を学びました。

「頑張ってみるけど無理かもしれない」、「やりたいけど時間がない」はマイナスのイメージに受け取られます。
反対に「無理かもしれないけど頑張ってみる」、「時間がないけどやってみる」はプラスのイメージになり、前後の言葉を逆にするだけで印象が変わってきます。
これは「マイナスプラス法」ないし「あとよし言葉」と言われ、院長がいつも言っていることですので、あらためてその重要性に気付きました。

また、人が何かを思い出す時の目の動きで、「視覚タイプ」、「聴覚タイプ」、「体感タイプ」に分けられ、それによって患者さんとのコミュニケーションが よりスムーズに図れるとのことでした。
人の心理に基づいた対応の仕方では、実際にペアになって楽しみながら聞くことができました。

仕事をする上で技術だけでなく、コミュニケーション能力も大切なので患者さんとの接し方について考え直すきっかけとなりました。

次に聞いた、琴音亜紀さんの「チャーモロジィ―心と体の魅力学でイメージアップ―」では、
周囲や自分自身を滅ぼすような性格・思考 ⇒
・自己中心
・マイナス思考
・感情のコントロール不能

それとは逆に、人間として美しい人は ⇒
・イキイキしている
・洗練されている
・言葉使いが綺麗
・笑顔が素敵
・聡明

こちらの5つが主なポイントになります。
そして「奉仕、謙虚、反省、素直、感謝」5つの、人として忘れてはいけない気持ちなど今後の自分に役立つような話を沢山聞くことができました。

また、学術講演では、松野功先生の「リンガルオルソドンティクス 最近の進歩」を聞きました。

最近では、だんだんブラケットが小さくなってきているので、発音の面で優れているとのことでしたが、院長は今から10年以上も前に、すでに超小型の装置を独自に開発し、舌側矯正特有の発音障害や舌の痛みなどの問題を改善していますが、そのことについては、特にお話がなく、3Dの Set upや、Hyblid coreなどについての話が中心でした。

まだまだ、一般の人には舌側矯正の存在を知らない方も沢山いると思いますので、1人でも多くの患者さんに舌側矯正の存在、利点を知っていただきたいと思いました。

講演の他には、認定医のための症例展示や、商社展示がありました。



患者さんの初診時の歯並びから治療完了までの模型、データがまとめてあり、矯正による歯の移動は面白く素晴らしいものだと感じました。

私も ひろ矯正歯科で舌側矯正をしていましたが、歯が少しずつ動いていくのが嬉しく、顔貌も今とは別人のようで矯正をして本当に良かったと心から思います。

商社展示は、ブラケット・ワイヤー、歯科用器具など色々な新製品が展示してありました。
院長は、たえず全ての材料を細かくチェックしており、常に最良のものをひろ矯正歯科では使用しています。

今回、矯正の学会は初めてでしたが、新人で未熟な私としては全てが吸収するべきことでした。
プロとして仕事をしていく上で、視野を広げ知識を深めるためにも積極的に勉強しなければならないと感じました。



←前
次→