TOP >> スタッフブログ

スタッフブログ

2011.07.12 スタッフ日誌 第19回日本成人矯正歯科学会

こんにちは、受付の青沼です。

6月26日に東京アメリカンクラブで行われた第19回大会日本成人矯正学会に行ってきました。
私は歯並びコーディネーターを、ぐっさんとmaruは、認定歯科衛生士を取りたいと思っています。



私にとっては今回が初めての学会参加になります。
少し緊張しながら25日の午後、院長の運転でみんなで出発しました。
院長、疲れているのに東京往復の運転、ありがとうございました。

土曜日の夕方、ホテルに着き、その日の夕食は赤坂にあるHOOTERSというステキなバーに連れて行ってもらいました。
院長、いつもごちそう様です^^。


かみやんと、ぐっさんと、maru、カメコチには、院長、私、山ちゃんです。
楽しかった〜★ また行きたいな〜★


このフライド・シュリンプが美味しかった〜★



そのあとは、お出かけ、、。
院長の足が短く写っていますが、、、なんでだろ〜〜???


みんなでカラオケ〜〜★
かみや先生、マイクをもっと近づけなきゃダメ〜〜★


山ちゃん、本領発揮★


院長、両手に満開の花で、ご満悦〜★


しっかり充電して、翌日はしっかり勉強もしてきました★




私は今回、コ・デンタル学術講演の3つの講演を聞いてきました。

1つ目は㈱ジーシー元尾絵美子さんの「患者さんと続けて行く矯正のメインテナンス」です。
矯正治療は長期間にわたり口腔内に装置を入れるため、患者さんにとっても、術者にとってもメインテナンスが重要になります。
矯正をするとむし歯になりやすい?
これは、患者さんのモチベーションが上がらなかったり、セルフケアが成立しないためだといわれていますが、、、。

そのためには患者さんにあったものを処方することが大切だとおっしゃっていました。
その他にも口腔内の状態を患者さん自身が把握することが大切です。
そのためには患者さんのモチベーションを高めるブラッシング指導が必要だと思いました。
最近では、患者さんの口腔内の状態に合わせたさまざまな予防製品が開発されているそうです。
それらをうまく使って患者さんのモチベーションを高め、矯正治療が終わったときに患者さんに心から満足してもらいたいと思いました。

ひろ矯正歯科では、院長独自のブラッシング方法と指導法(企業秘密)で、お口の中は常に清潔に保たれています。


2つ目は㈱オーラルケア小倉のり子さんの「短時間で患者さんのヤル気を引き出すトリートメントブラッシング」です。
ブラッシング指導を受けた患者さんの感想は、
やり方がむずかしい、忘れてしまう-----40%
痛いからあまり受けたくない-----22%
毎回同じ話であきる-----13%
方法だけでなく目的を知りたい-----11%
その他-----15%
などだそうです。

では、患者さんの行動を導くためにはどうすればいいのか?
それは、患者さん自身に変化を実感、体験してもらうことだそうです!
今回は、アパガードリナメルを使ってのトリートメントブラッシングについて教わった方法をを紹介します。
① まず、ワンタフトブラシで先に歯と歯のあいだや歯ぐきの境い目などのリスクの高いところを磨いてください。
② 次にアパガードリナメルを歯ブラシに2cm出します。
③ 丁寧にブラッシングし、つばをはき出してください。
④ そしてもう一度アパガードリナメルを2cm出してブラッシングしてください。
⑤ 最後に軽く1回口をゆすいでください。
これは髪の毛を洗う時のシャンプーとトリートメントのイメージですね★
アパガードリナメルは、ひろ矯正歯科の受付にも置いてあるので、みなさんも一度やってみてください。
アパガード+院長独特のTBI、これでバッチリです★

最後はエレガント・マナースクール学院長平林都さんの接遇道―患者さん及びスタッフとのコミュニケーション―です。
平林さんは、テレビにも出ているとっても有名な先生です。
やはりテレビで見たとおりの迫力のある先生でした!
院内の清掃、身だしなみをきれいにし、とっつきやすい人になることが大切とおっしゃっていました。
笑顔や人より先にあいさつすることはとても重要です。
形は心をつくり、心は形がなければ相手には伝わらないとのことです。
心の中で思っているだけでは伝わらないので、言葉や表情、動作を大きくしようと思いました。

今回の学会で学んだことを今後の診療に生かし、ひろ矯正歯科にきてくれる患者さんが気持ちよくすごせるような環境作りをしたいと思いました。
先生や衛生士がいくら頑張っても、受付の私たちがしっかりしていないと、何もかも水の泡ですからね★




院長より一言:人に話を聞いて貰うには、インパクトのある話し方、聞き手の興味を引きつける話し方は大事ですし、それぞれプレゼン方法は違うのは当然ですが、個人の講演会ならともかく、学会という場で、ガンガンわめき立てる声が部屋の外まで響き渡り、学会の品位をも損ねかねないようなプレゼンはいかがなものかと思いました。


←前
次→