TOP >> スタッフブログ

スタッフブログ

2012.01.18 スタッフ日誌 ひろ矯正歯科の忘年会

こんにちは、歯科医師のカミヤです。
12月29日に美ヶ原温泉の「翔峰」でひろ矯正歯科の忘年会が開催されました。

午前中は診療をし、昼食を食べた後、バスにて翔峰へと向かいました。
宴会が始まるまで、温泉につかって疲れを取り、一部の人は湯上がりビールを飲みはじめるなど、フライングもありましたが、みんなウキウキです。
みんな自分で買ってきた「ウコンの力」を飲んで、宴会へ向けて準備万端です。

誕生日順に宴会の席が決まりましたが、飲んべえの騒がしい人同士が隣の席になり危険な香りが!?)


院長の挨拶の後、乾杯です。
院長からは、「
不況にもめげず、患者さんがひろ矯正歯科にたくさん来てくれるのは、自分のネームバリューじゃないんだ、スタッフ一人一人がキチンキチンと仕事をこなしてくれるからなんだ。」という有り難いお言葉。

診療中や医局会では厳しいこともあります。
「ひろ矯正歯科は厳しい」、と言う人もいるかもしれませんが、ダラダラになっては、仕事の質が落ちますから、
患者さんのことを思えば当然のことと思います。
自分は4月から勤務していますが、歯科衛生士はじめスタッフ全員、ものすごく仕事が出来ると実感します。
でも、診療以外ではメリハリを付けて、しっかりと遊ぶ。
ひろ矯正歯科のこのスタンスは好きです。


院長とは、お酒を飲みながら診療等の真剣な話をしています。

勤務しはじめて、リンガルなど、慣れないことや分からないことだらけでしたが、最近院長が言っていることが分かってきました。 
特にリンガルとラビアルでのメカニクスの違いから、抜歯部位をはじめ、診断、治療方針が異なるということ。
なぜこの部位をEXTするのかと思うケースが、治療経過を見ていくことで、なるほどと思ったことが多々あります。

認定医を取得すると、何でも診療が出来るように錯覚しますが、逆に矯正の恐ろしさを実感するくらいではないでしょうか。
院長の下での毎日の診療は、本当に勉強になります。
廣先生、今年もご指導のほどよろしくお願いいたします。



宴会が進み、院長から一人一人、全員に記念品が直接手渡されます。

その後、ビンゴ大会が開催されました。
なんと一等の景品は、ブランドバック!


見事ビンゴになったmaruさん。 テンション アゲアゲでポーズも決めちゃっています。



 
続々とビンゴが出る中、自分一人リーチにもならない。
リーチで立ったときには、残りはぐっさんと2人だけ。
案の定最後まで残ってしまいましたが、奥様の愛情により、ビンゴが出るまで続けてもらい、やっとビンゴ。


その後は、どんどんお酒が進み、みんないい感じになってきています。




 
院長のアブラハム・ダンスは楽しかった。


あっと言う間の3時間、飲んだお酒の量も数えきれず。
自分も秋の健康診断で肝臓の異常値を示し(広島にいるときに、後輩達と飲み歩いていたためでしょう。みんなも一度検査した方がいいかも)、ずっと禁酒をしていましたが、この日はよく飲みました。


最後に全員で記念写真を。 酔っぱらっているのに写真はみんなまともです、、、(?)


この後、2次会は松本駅前のカラオケへ。
さっきまであれほど飲んできたのに、またまたビールで乾杯をし、大盛り上がり。
ゆり恵ちゃんのカラオケパフォーマンスにはみんな大爆笑でした。
宴会部長はこれから ゆり恵ちゃんでしょう。


うるさいと言われてきた僕も、もうお手上げです。

まっちゃんも、はじめは静かだったのに、歌いだすと超うまい。

あまりにも面白く動画しかとっていなかった為に、残念ながら写真はこんなのしかあまりありません。


院長の「タイガーマスク」

延長、延長で気づけば2時に。
外に出ると雪が積もっていました。
忘年会、
本当に楽しかったです。
廣先生ありがとうございました。
今年も一年がんばろうと思います。


2011.12.17 スタッフ日誌 青沼さん、お幸せに。。

こんにちは☆受付の山下です!!
 
11月30日、松本市にあるカニ料理店「きらら」にて、同日をもって寿退社される青沼さんの送別会がありました!
まず診療が終わってからスタッフみんなで電車に乗って松本へ。
きららに行く前に、オールドロックという アイリッシュ・バーで、それぞれ好きなビールを一杯ずつ呑みました!
院長と神谷先生は、私たちが頼んだサイズの何倍!?というくらいのビッグサイズのビールを頼んでいて、さ...さすが!!という感じでした!  モチロン全部飲み干してました☆



その後はみんなほろ酔い気分でいざきららへ。
ここの料理、ほんとに全てカニづくしなんです!!
カニのお刺身、カニの天ぷら、カニのお寿司、焼きガニなどなど...お腹一杯カニが食べられるなんて幸せ~!!

そしてなんと、院長の粋な計らいで、急遽青沼さんの旦那様も呼んで、夫婦そろっての送別会となりました。
みんなで料理を嗜んだところで、青沼さんにプレゼント!



院長含めスタッフ全員で心を込めて書いた色紙です。(^^)
それぞれの青沼さんに対する思いがいっぱいつまっています。



他にも、すてきなプレゼントがいっぱい!

 

そして、青沼さんからの一言の時には、明日からいなくなってしまうんだと思ったら、我慢できずに涙がぽろぽろ、、、院長もハンカチで目をおさえていました。。

青沼さんとは、私がひろ矯正歯科に入って1年半を共に過ごしてきました。
私が仕事での度重なるミスでくじけそうな時、辛い時、「一緒に頑張ろうね」と、常に隣で励ましてくれた青沼さん。
ときには厳しく、間違っていることははっきりと注意してくれた青沼さん。
朝、誰よりも一番早くに来て、仕事の準備を頑張っていた青沼さん。
何事にも一生懸命で、真面目で、優しくて、思いやりのある青沼さん。
そんな青沼さんがいなくなってしまうということが、最初はぜんぜん実感が湧きませんでした。
そして寂しいという気持ちも確かに大きかったのですが、それ以上に、受付の先輩がいなくなった今、自分が受付を引っ張って行かなければならないという焦りや、自分に務まるのかという不安もありました。
実際、院長やスタッフのみんなにも、「青沼さんいなくてもほんとにだいじょうぶ~?」なんて、言われていたくらいでした。
けれど、明日からはそんなことも言っていられません。
治療に来て頂いている患者さんや、いつも支えて頂いている院長やスタッフの皆さんの為に、受付のベテランと言っていただけるよう、これからも精一杯頑張りたいと思います。
 
最後に...
青沼さん、ご結婚おめでとうございます!
これからは夫婦いつまでも仲良く、お互いに支え合って頑張ってくださいね。
これまで本当にお疲れ様でした。

2011.10.16 スタッフ日誌 9.11セミナー

こんにちは、歯科技工士の松崎です。
 
今回のセミナーは、「9.11 何かが起こる」と題し、とてもセンセーショナルな舌側矯正のセミナーを予定していたそうですが、諸事情により内容を変更、大好評だった前回・前々回のアンコールということで、以前と同じ場所の東京ステーションコンファレンスで、9月11日・12日の2日間に亘って開催されました。
 
9月10日の昼過ぎ、院長に車の運転を頼み、カミヤ先生、丸山さん、自分の4人で東京に向かいました。 着くなり、ホテルの部屋から見る夜景がとても綺麗で、初めてのスタッフ参加での緊張が少しほぐれました。
 
その日の夜は、鉄板焼きのオシャレなお店に行き、料理を美味しく頂きましたが、着いてカメラの準備をするか否か、すでに自分以外の3人のビールジョッキが空に!?  とても美味しそうにビールやワインを開けられていました。


 

セミナー1日目: レクチャー
院長のつかみのジョークから始まったレクチャーは、もうお手のもので、会場の空気が程よく和み、受講されている先生方から笑い声が聞こえてきました。 時代の背景にあったジュークもさることながら、分かりやすく、見ている側を引き込み、飽きさせないレクチャーの内容には、終始圧倒されました。



リンガルの治療経過をスライドで見ている時に、院長が当時の様子を振り返りながら語る治療風景は、形式張った言葉ばかりでは無かったぶん、聞き手が共感を得られやすく、見入ってしまいました。
 
この日の夜は、楽しみにしていた世界の山ちゃんに連れて行っていただき、激辛の手羽先を50個ほど食べました。 胡椒が効いていてホントに辛かったです。(というか、コショウの味しかしなくて、いくら激辛でも、やりすぎだろ〜、って思いました。 折角の山ちゃんの美味しい手羽先が、あれじゃあ台無しだ〜、、by 院長)




2日目: ラボの実習
院長が、製作過程とキーポイントを押さえた実習の流れを説明して、2日目が始まりました。 院長のアシスタントとして、カミヤ先生と一緒に指導にあたったのですが、いざ先生方を前にしてしまうと緊張し、気付けば一人で汗だくになっていました。

 

先生方の質問に対し、思っていた以上に緊張し喋れず、院長にフォローの言葉を入れて頂き本当に助かりました。  教えている最中に先生方が「ああ、なるほど、わかった。ありがとう!」等と言っていただき、とても嬉しかったです。 無事に今回も予定していた時間より早く実習が終わりホットしました。

今回セミナーに連れて行っていただき嬉しかったのと、普段味わえない緊張感や刺激をもらい、とても充実した2日間になりました。
人に教える事の難しさや大変さを身をもって痛感し、改めて世界で活躍される院長の凄さを思い知りました。
貴重な体験や往復の運転、本当にありがとうございました。

(とんでもございません。 運転手をさせて頂きました院長でございます。 道中、ごゆっくりとくつろげましたでしょうか?    廣 俊明)

←前[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]次→